外科手術をしない、根管治療のみによる骨の再生と副鼻腔炎(蓄膿症)の治療



北山吉川歯科クリニックでは、根管治療(歯の根の治療)で、手術なしで、骨を再生させたり、副鼻腔炎(蓄膿症)の治療を行ったりしています。

初診時の写真

歯茎の腫れが気になり、当クリニック来院

初診時レントゲン(画像クリックで拡大)
初診時横断面CT前歯
初診時横断面CT右上奥歯
初診時CT前断面右上奥歯
初診時CT前歯3D画像
初診時前歯歯根嚢胞レントゲン
前歯、外科手術なしの根管治療
左下外科手術なしの根管治療の虫歯治療
仮歯装着
前後の歯の本格虫歯治療
右上奥歯の根管治療による、蓄膿(副鼻腔炎)の治療
仮歯装着
術後レントゲン 各疾患消失治癒
術前術後比較CT
術前後比較CT
術前後比較CT3D画像



ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲンの違い)

ブリッジなどの治療ををする際に、その土台となる歯の状態がきちんとしているか調べてから治療することが、自分自身の歯を大切にしたり、治療した歯を長持ちさせたりするの必要なこととなります。

141209(44)

古いブリッジの治療のやりかえを希望され、治療をスタートすることになりましたが、このような、長いブリッジの治療などの場合、見た目がきれいになっても、その基礎となる土台の歯に問題がある場合、その問題をきちんと治してから、見た目を治さなければ、折角の治療がよい治療になりません。

141209(45)


パノラマレントゲンの像です。
印をつけた場所に、歯の根の病気(根管治療、歯の歯髄治療、歯の神経の治療が必要な病気)がみられます。

141209(46)


デンタルレントゲンの像です。

141209(43)
スクリーンショット 2015-01-16 19.01.031


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.02.051


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.16.341


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.06.161


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで更に、パノミック画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

このように、従来のレントゲン比べて、CT検査はより、鮮明で、的確に病状の読影、診断が可能で、より、きちんとした歯科治療には欠かせない検査の一つです。

かみ合わせの問題が引き起こす、歯の病気(根管治療、審美歯科)

1611265

前歯の破折や変色歯の治療を行う場合、治療に先立ち、きちんとした検査を行うことが、後々のトラブルや、歯の病気の再発を防ぐことにつながります。

写真の状態が起きた原因は、不正咬合の影響が大きいと考えられます。

1611266
1611267

下の歯並びの悪さと、上下の歯のかみ合わせの悪さが、左の前歯の神経を損傷し(咬合性外傷)、歯の神経が壊死し、その後、壊死した歯の神経(歯髄)の中のヘモグロビンが酸化し、歯を黒く変色させ、さらに咬合性外傷が継続して、その歯の損傷を続け、強い咬合力がかかった時に歯の破折を引き起こしたと考えられます。

そのため、もし、その歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を普通に行っても、術後の治癒、予後が悪くなったり、咬合性外傷による歯の損傷が継続し、さらに、外傷性咬合による歯周病(歯槽膿漏)も引き起こすことにつながる可能性が高くなります。

そのため、専門的には、治療に際しては、現在の歯の病気(歯の問題)を改善、治療する共に、現在の歯の病気(歯の問題)を引き起こした原因も、根本的に治療しておくことが望ましい治療になります。

1611269

まずは、きちんとした歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を行います。その際、歯の根っこまで、変色した歯のホワイトニングも、見えない基礎治療として行っておきます。

16112610
16112611
16112612

その後、前歯の破折や、変色を引き起こした、不正咬合、不正歯列を、歯列矯正、矯正歯科治療で治します。その際に、いったん矯正治療中もなるべく審美的に治療できるよう、矯正治療用の仮歯を入れておきます。

16112613
16112614
16112615

矯正治療が終わった後、しばらく歯の保定を行います。

この状態で、根本的な治療が完了し、最終の審美歯科治療を行います。

16112618
1611264

本来の患者様の口元や歯の固有色を再現して、あえて、セラミッククラウンに色付けを行い治療を完了します。

16112616
1611268
16112617

術前と術後の口元の比較です。

これで、今後のお口全体の問題の予防治療も含めた治療が行えました。

より高度なインプラント治療

141029(6)

某大学病院にて入院、骨移植手術によるインプラント治療を受けた患者様を当クリニックのより高度なインプラント治療で快適に回復しました。

当クリニックで行ったインプラント治療の相違点

  • インプラント治療開始からインプラント治療期間中入れ歯を使わない(きれいな歯並びのままインプラント治療を行う)
  • 日帰り手術だけで治療を行う(複雑な骨移植手術と同時にインプラント手術も行う)
  • 短時間(1時間以内)で手術を行い、術後も痛みや腫れ、出血が最小限の治療を行うj
  • 歯槽膿漏(歯周病)や虫歯、の天然歯も同時進行で治療する
  • 治療後、万一のリカバーが必要な時も簡単に治療あるいは、維持回復ができるよう予備のインプラントを行っておく
  • 正常な咬み合わせの回復を行う
141029(12)

インプラント治療術前

141029(13)

インプラント治療術前 診断治療計画

141029(0)

インプラント治療術後

141029(14)

インプラント治療術後レントゲン

ドイツの歯科(インプラント治療)治療のメンテナンス

110818(114)1
110818(113)2

ドイツでインプラント治療を受けた邦人患者様の術後メンテナンスをインプラントの日本法人からの紹介で行うことになった際のことを通じて、インプラント治療のにおける検査、診断、一口腔一単位の治療の必要性をご説明します。

紹介状というよりは、アストラテックインプラントというヨーロッパをはじめアメリカ、日本、その他の世界中で最も良いインプラントメーカーの治療を証明する保証書みたいなものです。

150109(19)
150109(18)
150109(20)
150109(21)
150109(24)
150109(23)
150109(22)

初診時、インプラントのメンテナンスチェックのほかに、以前日本で受けた、多くの虫歯や根管治療の不良がみられ、これらは将来、インプラントが必要になってしまう歯の予備軍として、本来、ドイツの歯科医師もインプラントの治療より先に、患者様に十分インフォームドコンセントを行っておくことが、患者様の歯科的健康の観点から大切で、特に緊急性のある虫歯治療はインプラントと同じか自分の歯の健康を保つ、それ以上に大切な治療や方法を検査、診断、説明(治療するしないは別としても)しておくことが望ましいと感じました。

150109(26)

メンテナンスを希望されている範囲で、緊急性のある虫歯のみを治療し、定期健診で経過観察を行ってきましたが、あちこちが外れたり、傷んだりするため、思い切って、きちんとした治療を受けられることになりました。

150109(29)
150109(30)

右下、大きな虫歯と根管治療

150109(31)
150109(32)

左下 大きな虫歯と根管治療

150109(33)
150109(34)

右上 大きな虫歯と根管治療

150109(37)
150109(39)
150109(41)
150109(40)
150109(42)

全体の虫歯治療と根管治療と親知らずの残根の抜歯(ドイツの歯科医が抜けずに放置していたもの)

150109(43)
150109(44)
150109(17)

術後

一口腔一単位の全体的な予防治療で、既存のインプラントのメンテナンス容易にし、追加のインプラントを不要にするための治療が完了しました。

ドイツでも、アメリカでも、検査、診断、治療がきちんとしている病院は、ほぼ、トップ10パーセント程度でしょう。

患者様と歯科医師の双方のための審美歯科

患者様にとってのいい審美歯科と、歯科医師にとってのいい審美歯科は、そのギャップと共通点の要素を埋めたり、満たしたりして、いい治療に結び付けていくことが大切です。

150224(9)
150224(10)
150224(11)

術前口腔内(術前の見た目)

150224(15)
150224(16)
150224(17)

術後口腔内(術後の見た目)

患者様は、この範囲での、見た目と、快適性(痛くない、きちんと噛めるなど)が治療のゴールや、満足度の評価になりますが。

150224(8)

術前のレントゲン

150224(18)

術後のレントゲン

歯科医師や、歯科衛生士、歯科技工士などの歯科医療の専門家は、この部分での治療のゴールや、術前の問題からの回復、術後の安定性、メンテナンスの容易さ、将来的な問題の回避、軽減、予防などが、治療の満足度の評価になります。

150224(7)

歯科医師(専門家)の術前の診断のイメージ図

(セラミック治療やインプラントの治療をすでに受けておられましたが、たくさんの問題があります)

150224(74)

左下奥の入れ歯の支えのセラミックの根元とその前の虫歯

150224(101)
150224(20)

前歯の虫歯と、歯の根の病巣、短い歯の根のぐらつき

150224(166)

左上奥歯の虫歯と歯の根の病気

150224(186)

右下奥歯の歯の根の虫歯と根尖病変

150224(231)

左上奥の根尖病変と虫歯

治療

150224(268)
150224(269)
150224(271)
150224(267)
150224(270)

小さな虫歯の治療

150224(171)

左上の虫歯除去

150224(196)
150224(198)

右下の歯を抜かずに根管治療で再生

150224(287)

上の前歯の根尖病変の治癒とぐらつきの回復

歯根破折の歯の治療ー続き(歯の根が割れた歯の治療ー即日インプラント)

歯根破折の歯の治療(歯の根が割れた歯の治療)には、主に3通りの治療法の選択があります。

  • インプラントによる歯の回復
  • ブリッジによる歯の回復
  • 義歯(入れ歯)による歯の回復

この歯の根の破折を起こした歯の治療は、歯を残すことが出来ないため、抜歯が必要と診断されましたが、抜歯に伴う、抜歯した歯の部分(歯が抜けてしまった部分)の治療は、インプラントによる治療が選択されました。

当クリニックでは、開院以来、ほとんどすべてのの場合、歯を抜いた当日に、歯がないまま(歯が抜けたまま)帰宅されることがないように治療をきました。

これは、インプラントの治療においても、ほとんどの場合、抜歯をすると同時にインプラントを入れるため、痛みを伴う手術を、一回で済ませ、また、傷の治りも、抜いたままにするより、治りが早くきれいになる治療法で行ってきました。

141117(15)

前歯の差し歯がグラグラして、抜け、その際、歯の根が割れていることを確認し、応急処置で、差し歯をつけなおし、改めて、治療方針が決まり、抜歯と同時のインプラントの手術を行いました。

141117(11)

差し歯を外し、

141117(8)

歯の根の状態を確認し、

141117(16)

歯の根の周りの骨を傷つけずに抜歯し、

141117(17)
141117(18)

すぐにインプラントの手術を終え、仮歯の土台を入れ、

141117(20)

仮歯を作り

141117(7)

インプラントの治療を終えました。

この治療は、手術開始から、わずか20分で終わり、出血のコントロールのための止血も必要がない手術として、終えました。

続きの治療

150220(21)

2か月後の再診時、型どり前(2回目のアポイント)

150220(19)

簡単なパーツで型をとるだけ、仮歯を戻し治療終了(2回目のアポイント終了)

150220(28)

仮歯を外しセラミックの歯に交換(3回目のアポイント)

150220(29)
150220(30)
150220(18)

セラミックの歯に交換し治療終了(3回目のアポイント)

150220(22)

横の犬歯の小さな虫歯治療も同時に

150220(23)

150220(25)

術後チェック

150220(26)

術後チェック

150220(24)

術後チェック

ちなみに10年前の治療前の状態(2003年11月受診2004年3月治療終了その後定期健診2014年、2015年、前歯1本づつと小さな虫歯のメンテナンス治療)

031117(134)
031117(133)
031117(135)

術後経過を観察すると、10年前の回復治療と、術後10年の長期安定と、今後10年のメンテナンスの容易さを合わせ、十分なアンチエイジング歯科治療ができているといえるのではないでしょか。

交通事故の歯の治療

交通事故や、転倒、打撲などによる外傷により、前歯などを損傷(歯が折れたり、歯が割れたり)した場合、適切な治療により、元通りの天然の歯に近い状態に戻すことができます。

そのような、場合、まず、頭頸部以外に、様々な、事故による問題がないか、病院で総合的に、診断を受けなければいけませんが、歯科や、歯科口腔外科では、顎顔面および、口腔内外の診断と治療を行います。

まず、受傷直後に、CTやレントゲンで、打撲した部位とは別に、顎の骨折見られる、好発部位があり、そのような部位を中心に、骨折線がないか?また、口唇などの、裂傷部なども、異物の混入や、感染がないか?次に、受傷部の歯の歯冠部や歯根部、歯槽骨に破折がみられないか、歯の神経の損傷の影響や可能性がないか、などを調べ、止血や感染予防、早期の整復などを行わなければなりません。

小児の転倒や、打撲、衝突による、前歯の破折や、脱臼、亜脱臼などの多くみられますが、その際は、成人と同様の診断や治療のほかに、歯の脱臼や、脱落があっても、その歯を、なるべく無菌的(場合によっては、牛乳などに入れて持ってきてもらったり)に保存たり、あるいは、口腔内に一旦戻して、急いでかかりつけの歯科医師に相談してもらうことで、歯が元通りに、生着、可能性が高くなります。

また、成人も小児も、歯を元通りに回復するために必要な条件として、歯の神経の状態や、根管治療の成否が、歯の予後に大きくかかわります。

141003(15)

 

一部歯根部に及ぶ歯の歯冠の破折がみられます。

すでに、歯の神経がない歯と、歯の神経がある歯も受傷していました。

141003(26)

 

141003(50)

 

歯の神経がない歯も、根管治療が不完全であったため、根管治療の再治療をきちんと行い、また、歯の神経を抜いていない歯は、歯の神経を保護し、歯の神経を抜かなくて済むように治療しました。

141003(29)

 

まず、受傷直後の受診の際に必要な初期診断や、処置を行いながら、直ちに、日常生活に支障がないような、審美的な問題の解決も行わなければなりません。

141003(53)

 

根管治療後は、差し歯が黒ずんだりしないように、ファイバーポストによる審美的修復治療を行いました。

141003(70)

141206(5)

(画像をクリックで拡大)

 

金属を使わずに、差し歯の土台とオールセラミックスクラウンにより、審美的に回復しました。

また、歯の神経を抜かなくていいように、歯の神経の保護を図り、歯の神経を抜かずに保存することもできました。

歯の神経を抜かないための予防治療(中心結節の保護)

歯の先天的な奇形のために、歯の神経が虫歯や、歯槽膿漏でなくても抜かなければならない状態になることがあります。

このような状況をさけるためにも、きちんと定期健診を受け、歯科医師にチェックしてもらうとともに、適切な処置を受けることで、予防的に歯を守ることができます。


後続の永久歯に中心結節と呼ばれる歯の突起がみられ、歯の神経に近い突起になっているようにみられる。


完全に萌出して、噛んで折れてしまう前に、周りをプラスチックの樹脂などで保護することで、歯の神経の損傷をさけることができる場合があります。

歯の神経を抜かない(根管治療をしない)ための虫歯治療


見た目にはわかりませんが、精密検査をして歯の神経を抜かなくていいように早期の治療が必要になっていました。

非常に大きな虫歯です。


慎重に虫歯を取り除きました。

歯の神経を傷つけないぎりぎりのところでとどめておきます。

歯の神経を保護し、歯の中から新生象牙質ができるのを待つため、特殊なお薬をつめます。

仮詰めで3か月以上待ちます。
歯の神経を抜かないための虫歯治療は非常にデリケートなので非常に時間がかかります。

6か月後再び虫歯治療をします。


仮詰めを取り除きます。

再度慎重に虫歯を取り除きます。


虫歯を完全に取り除いても、歯の神経を傷つけずに治療ができました。
さらに、念入りに歯の神経を保護し型どりをします。


セラミックスの詰めものを入れ、歯をきちんと修復しました。