歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

北山吉川歯科クリニックでは、基本的に、歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療をを行っております。(入れ歯で待機したり、使用したりしない)

事故で前歯が抜けてしまい、骨が治るまで、待ってからインプラントかブリッジの治療をすることを勧められていた患者様で、当クリニックの患者様より、治療の特徴や違いを説明され来院

100807(46)
100807(47)

大きな義歯が入っています。(通常は、このように、歯が抜けたり、抜歯した部分の骨ができるまで数か月待ってから、インプラントの手術に入ります。)

100807(48)

ますは、検査をして、全体の虫歯や歯槽膿漏などの状態を調べながら、至急のインプラントの治療を行いました。

100807(49)

両側の歯には虫歯がなく、歯を削ってブリッジにする治療は第二選択、インプラントによる治療が第一選択であると判断され、患者様の希望と一致し、インプラントを手術を行いました。その際に、定期的な歯科医院での歯石除去等のクリーニングも麻酔待ちの間に行い、手術が清潔な口腔環境で行えるよう準備を整えました。

100807(50)

インプラントの手術を的確に行い仮歯もすぐに作成しました。

100807(52)

わずか20分の治療で手術を終えました。

100807(53)

翌日のチェックの様子です。腫れや出血も全くなく、痛み止めも服用しなかったとのことです。

100807(54)

骨とインプラントが安定し、セラミックの歯に変えて治療を終えました。

抜歯後インプラント手術が可能になる期間まで入れ歯で待機されていた患者様で、当クリニックの患者様のご紹介により、相談で来院されました。

110317(172)
110317(173)

前歯に入れ歯が入っています。

110317(189)

骨と歯ぐきが痩せていて、通常の手術の面からも、また、審美的要素を満たす面からも難しい状態です。

110317(190)

術前のシュミレーションでも、前歯をなるべく左右対象にバランス良く仕上げることは一般的には困難です。

110317(205)

インプラント手術と仮歯の治療直後の状態です。

痩せた骨と歯ぐきを回復させながら、インプラントの手術を終えました。(くぼんでいた前歯の歯ぐきが膨らんでいます。)

110317(203)

北山吉川歯科クリニックのインプラントの違いについて、より詳しく歯こちら⇒⇒北山吉川歯科クリニックのインプラント治療の特徴

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

グラグラのブリッジの抜歯と同時のインプラントと仮歯

100109(131)

ブリッジを支える歯の根が割れ、ブリッジがグラグラするとともに、噛むと痛みが出て、食事ができない状態でした。

100109(132)

ブリッジを外します。

100109(133)

割れた根の抜歯と5本のインプラントの治療を行いました。(抜歯した部分にもインプラントを入れています。)

100109(130)

割れていた歯根(歯の根)とブリッジ

100109(134)

すぐに仮歯をいれて、元通りの歯のある状態で帰宅してもらいます。

治療時間は、インプラントの手術を仮歯の装着まで、およそ1時間で終わります。

北山吉川歯科クリニックでは、抜歯をしても、その日にインプラントができるので、基本的にこのような治療方法を行っており(通常このような治療は極端に難しい治療で、高度の技術と経験が必要なため行なわれていない治療法です。)痛みのある手術を2回する必要がなく、また、歯が抜けたままにならないため、周りの方に気づかれず、日常生活への影響も少ない治療方法です。

歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

虫歯や歯槽膿漏(歯周病)、歯の根の病気などで 歯を失った部分を放置しておくとかみ合う歯や隣の歯が移動してきます。

そのようなことを防いだり、奥歯でしっかり噛むためにも、インプラントが必要になる場合もあります。

130322(24)

すべての歯がそろっていたとき

130322(25)

奥歯がなくなってから、数年たった状態

レントゲン右側のいちばん奥の歯が歯列より下に下がってきています。

患者様と歯科医師の双方のための審美歯科

患者様にとってのいい審美歯科と、歯科医師にとってのいい審美歯科は、そのギャップと共通点の要素を埋めたり、満たしたりして、いい治療に結び付けていくことが大切です。

150224(9)
150224(10)
150224(11)

術前口腔内(術前の見た目)

150224(15)
150224(16)
150224(17)

術後口腔内(術後の見た目)

患者様は、この範囲での、見た目と、快適性(痛くない、きちんと噛めるなど)が治療のゴールや、満足度の評価になりますが。

150224(8)

術前のレントゲン

150224(18)

術後のレントゲン

歯科医師や、歯科衛生士、歯科技工士などの歯科医療の専門家は、この部分での治療のゴールや、術前の問題からの回復、術後の安定性、メンテナンスの容易さ、将来的な問題の回避、軽減、予防などが、治療の満足度の評価になります。

150224(7)

歯科医師(専門家)の術前の診断のイメージ図

(セラミック治療やインプラントの治療をすでに受けておられましたが、たくさんの問題があります)

150224(74)

左下奥の入れ歯の支えのセラミックの根元とその前の虫歯

150224(101)
150224(20)

前歯の虫歯と、歯の根の病巣、短い歯の根のぐらつき

150224(166)

左上奥歯の虫歯と歯の根の病気

150224(186)

右下奥歯の歯の根の虫歯と根尖病変

150224(231)

左上奥の根尖病変と虫歯

治療

150224(268)
150224(269)
150224(271)
150224(267)
150224(270)

小さな虫歯の治療

150224(171)

左上の虫歯除去

150224(196)
150224(198)

右下の歯を抜かずに根管治療で再生

150224(287)

上の前歯の根尖病変の治癒とぐらつきの回復

歯根破折の歯の治療ー続き(歯の根が割れた歯の治療ー即日インプラント)

歯根破折の歯の治療(歯の根が割れた歯の治療)には、主に3通りの治療法の選択があります。

  • インプラントによる歯の回復
  • ブリッジによる歯の回復
  • 義歯(入れ歯)による歯の回復

この歯の根の破折を起こした歯の治療は、歯を残すことが出来ないため、抜歯が必要と診断されましたが、抜歯に伴う、抜歯した歯の部分(歯が抜けてしまった部分)の治療は、インプラントによる治療が選択されました。

当クリニックでは、開院以来、ほとんどすべてのの場合、歯を抜いた当日に、歯がないまま(歯が抜けたまま)帰宅されることがないように治療をきました。

これは、インプラントの治療においても、ほとんどの場合、抜歯をすると同時にインプラントを入れるため、痛みを伴う手術を、一回で済ませ、また、傷の治りも、抜いたままにするより、治りが早くきれいになる治療法で行ってきました。

141117(15)

前歯の差し歯がグラグラして、抜け、その際、歯の根が割れていることを確認し、応急処置で、差し歯をつけなおし、改めて、治療方針が決まり、抜歯と同時のインプラントの手術を行いました。

141117(11)

差し歯を外し、

141117(8)

歯の根の状態を確認し、

141117(16)

歯の根の周りの骨を傷つけずに抜歯し、

141117(17)
141117(18)

すぐにインプラントの手術を終え、仮歯の土台を入れ、

141117(20)

仮歯を作り

141117(7)

インプラントの治療を終えました。

この治療は、手術開始から、わずか20分で終わり、出血のコントロールのための止血も必要がない手術として、終えました。

続きの治療

150220(21)

2か月後の再診時、型どり前(2回目のアポイント)

150220(19)

簡単なパーツで型をとるだけ、仮歯を戻し治療終了(2回目のアポイント終了)

150220(28)

仮歯を外しセラミックの歯に交換(3回目のアポイント)

150220(29)
150220(30)
150220(18)

セラミックの歯に交換し治療終了(3回目のアポイント)

150220(22)

横の犬歯の小さな虫歯治療も同時に

150220(23)

150220(25)

術後チェック

150220(26)

術後チェック

150220(24)

術後チェック

ちなみに10年前の治療前の状態(2003年11月受診2004年3月治療終了その後定期健診2014年、2015年、前歯1本づつと小さな虫歯のメンテナンス治療)

031117(134)
031117(133)
031117(135)

術後経過を観察すると、10年前の回復治療と、術後10年の長期安定と、今後10年のメンテナンスの容易さを合わせ、十分なアンチエイジング歯科治療ができているといえるのではないでしょか。

抜歯と同時のインプラント治療のメリット

通常、抜歯した部分の顎の骨は、病巣や傷口が一旦治癒する際に、骨が再生しますが、その、再生治癒の過程で、骨があまり吸収せずに回復する場合と、骨が吸収したように痩せて、回復する場合があります。

多くの場合、抜歯のタイミングがよければ、前者のように、骨があまり吸収せずに回復させることができますが、抜歯の診断のタイミングをのがしたり、抜歯の方法の違いで、後者のように、骨が著しく吸収してしまい、その後の義歯の安定や、インプラント治療の適応に多くの弊害が出てしまうことがあります。

また、一旦、上記前者のような、適切な治療をしたのちも、きちんとした、安定した義歯や、インプラントからの噛む力や刺激がなければ、廃用性の萎縮が骨に起きて、経年的に、顎の骨が、退縮してしまうことがあります。

そのため、適切な診断に合致すれば、保存不可能な歯の抜歯と同時のインプラントは、非常にメリットが大きい治療になります。

他の歯科医からの紹介で、外れた差し歯の部分を、なるべく歯がない状態の期間がない状態でインプラントにしたいという希望の患者さんが来院されました。

16010745-300x198

2016.1.7 初診時

16010747

2016.1.7 初診時

16010746

2016.1.7 初診時

初診時、歯根の破折や、歯根に及ぶ虫歯があり、確かに、無理に差し歯にしても、予後があまりよくないと思われる点と、患者様が、どうしても、一旦歯を抜かずに、なるべく残してほしいという治療の選択しかできないということがない点から、予後のメリットデメリットも考え、インプラントによる治療選択が適切と判断し、治療をすることになりました。

16011433

2016.1.14 1回目治療

16011435

破折した、歯根を抜去

16011437

抜歯中の出血と骨のダメージを押せえると同時に、抜歯後の骨の吸収も抑えられるよう配慮し、同時にインプラント治療を行い

16011432

すぐに仮歯を装着し、ほぼ無出血に治療が完了。処置時間も、約30分程度。

16011436

術直後のレントゲン確認

16011524

2016.1.15 2回目 治療翌日の術後経過確認とレーザー照射

16021926

2016.2.19 3回目 セラミッククラウンの型どり

16021928

2016.2.19 3回目 セラミッククラウンの型どり

16022217

2016.2.22 4回目 セラミッククラウンの装着とかみ合わせチェック

16022218

2016.2.22 4回目 セラミッククラウンの装着とかみ合わせチェック

16063012

2016.6.30 5回目 定期健診時

インプラントの周りの骨と歯ぐき(歯周組織)が回復し、安定している。

このように、当院のインプラント治療の特徴としては、出血や腫れ、痛み、手術負担を最小限にし、かつ、より難しい技術が必要な、抜歯同時インプラント治療と、更に、その場での仮歯の装着で、治療時も、治療後も、より深い感が少なく、また周囲の方にもあまり気づかれずに、日常生活に戻ることができます。

抜けた歯の治療に適した矯正治療と虫歯治療

歯が抜けた部分は、通常、義歯か、ブリッジか、インプラントで治療することになりますが、たまたま、矯正治療を受けるタイミングと重なれば、インプラントもせずに、かつ、矯正治療にとっても、進めやすい場合があります。

左上の歯が、1本抜歯になり、しばらく、仮の歯をくっつけておられた患者様が、矯正治療を希望して来院されました。

検査で、上あごが出っ歯になっていること、下の歯並びもガタガタしていること、などから、抜歯矯正が適応と判断され、ちょうど抜けたままになっているスペースを使って、矯正治療をすれば、インプラントなどの治療もしなくて治療が進められる診断結果になりました。

また、歯と歯の間の虫歯も術前のレントゲンで確認されていたため、丁度いいタイミングで、横から、虫歯治療ができ、歯をなるべく削らずに治療することもできました。

矯正治療の術後