インプラント治療を併用した歯を抜かない治療

自覚症状がなくてもボロボロになった歯を一本でも抜かないための治療を行いたいという歯科医側の希望と、一本でも自分の歯を残したいという患者様の希望を合致させることができる治療が、インプラント治療を用いた一口腔一単位の治療の利点です。

130823(186)
130823(158)
130823(157)
130907(106)
130907(105)
130907(104)
130823(222)
130823(224)
130823(230)
130823(233)
130823(292)
130823(236)
130823(238)
130823(294)
130823(235)
130823(300)
130823(306)
130823(241)
130823(242)
130823(303)
130823(307)
130823(304)
130823(305)
130823(159)
130823(262)
130823(220)
130823(295)

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

より高度なインプラント治療

141029(6)

某大学病院にて入院、骨移植手術によるインプラント治療を受けた患者様を当クリニックのより高度なインプラント治療で快適に回復しました。

当クリニックで行ったインプラント治療の相違点

  • インプラント治療開始からインプラント治療期間中入れ歯を使わない(きれいな歯並びのままインプラント治療を行う)
  • 日帰り手術だけで治療を行う(複雑な骨移植手術と同時にインプラント手術も行う)
  • 短時間(1時間以内)で手術を行い、術後も痛みや腫れ、出血が最小限の治療を行うj
  • 歯槽膿漏(歯周病)や虫歯、の天然歯も同時進行で治療する
  • 治療後、万一のリカバーが必要な時も簡単に治療あるいは、維持回復ができるよう予備のインプラントを行っておく
  • 正常な咬み合わせの回復を行う
141029(12)

インプラント治療術前

141029(13)

インプラント治療術前 診断治療計画

141029(0)

インプラント治療術後

141029(14)

インプラント治療術後レントゲン

歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

北山吉川歯科クリニックでは、基本的に、歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療をを行っております。(入れ歯で待機したり、使用したりしない)

事故で前歯が抜けてしまい、骨が治るまで、待ってからインプラントかブリッジの治療をすることを勧められていた患者様で、当クリニックの患者様より、治療の特徴や違いを説明され来院

100807(46)
100807(47)

大きな義歯が入っています。(通常は、このように、歯が抜けたり、抜歯した部分の骨ができるまで数か月待ってから、インプラントの手術に入ります。)

100807(48)

ますは、検査をして、全体の虫歯や歯槽膿漏などの状態を調べながら、至急のインプラントの治療を行いました。

100807(49)

両側の歯には虫歯がなく、歯を削ってブリッジにする治療は第二選択、インプラントによる治療が第一選択であると判断され、患者様の希望と一致し、インプラントを手術を行いました。その際に、定期的な歯科医院での歯石除去等のクリーニングも麻酔待ちの間に行い、手術が清潔な口腔環境で行えるよう準備を整えました。

100807(50)

インプラントの手術を的確に行い仮歯もすぐに作成しました。

100807(52)

わずか20分の治療で手術を終えました。

100807(53)

翌日のチェックの様子です。腫れや出血も全くなく、痛み止めも服用しなかったとのことです。

100807(54)

骨とインプラントが安定し、セラミックの歯に変えて治療を終えました。

抜歯後インプラント手術が可能になる期間まで入れ歯で待機されていた患者様で、当クリニックの患者様のご紹介により、相談で来院されました。

110317(172)
110317(173)

前歯に入れ歯が入っています。

110317(189)

骨と歯ぐきが痩せていて、通常の手術の面からも、また、審美的要素を満たす面からも難しい状態です。

110317(190)

術前のシュミレーションでも、前歯をなるべく左右対象にバランス良く仕上げることは一般的には困難です。

110317(205)

インプラント手術と仮歯の治療直後の状態です。

痩せた骨と歯ぐきを回復させながら、インプラントの手術を終えました。(くぼんでいた前歯の歯ぐきが膨らんでいます。)

110317(203)

北山吉川歯科クリニックのインプラントの違いについて、より詳しく歯こちら⇒⇒北山吉川歯科クリニックのインプラント治療の特徴

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

入れ歯にならないようにするインプラントの治療

100204(48)

このような状態の歯の場合、歯の部分の入れ歯の製作の必要と、反対の部分の、歯の治療による保存と回復が必要です。

100204(49)

歯のない部分は、顎の、骨や、歯ぐきも痩せていて、部分入れ歯の安定も、難しく、また、インプラントの治療も難しい状態でしたが、インプラントにより、永久歯の再生のような治療ができました。

反対側の銀歯の部分も、被せの歯の内部の虫歯の進行による、土台部分の腐食、また、真っ黒になった歯の部分は、歯の根の内部まで、虫歯が進行し、抜歯と同時にインプラントで治療し、その日に、仮歯で歯が抜けた状態にならないようにして、治療を進めました。

また、左右に、バランスよくインプラントが配置されることで、将来、残りの歯が、歯槽膿漏や虫歯で歯が無くなった場合も、ブリッジによる治療で、入れ歯にならない治療が可能になるインプラント治療のメリット、インプラントの利点を生かしたお口の管理ができる歯の状態になりました。