骨年齢

CPA2_140726202718

矯正治療の際に、実際の年齢と、個人差のある成長発育年齢のいわゆる生理的年齢を総合的に判断して、矯正治療のタイミングなどを見計らう際に役立てる検査の一つとして、骨年齢の評価法があります。

骨年齢の評価は、通常、手のレントゲンを撮影して行われます。そして、標準的な骨年齢アトラスを参考にして、その年齢での骨核の出現状況等と比較して、成長発育年齢のいわゆる生理的年齢を求めます。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. 歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)

  2. 根管治療の必要な歯とは

  3. 歯性上顎洞炎の治療とCTによる治療診断評価

  4. 歯と歯の間や、銀歯の下にある虫歯

  5. 年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

  6. 抜けた歯の治療に適した矯正治療と虫歯治療

カテゴリー

PAGE TOP