良い根管治療の必要な条件(仮歯)

141023(67) 141023(69)

良い根管治療に必要な条件の一つに仮歯の装着があります。

根管治療が行われている間は仮歯が基本的には装着されていなければなりません。

これはその期間に、隣や、かみ合う歯が移動してしまうことを防ぐ目的と、治療している歯の根(根管)に菌が入り込むのを防ぐ必要があるからです。

当クリニックでは、基本的に根管治療に先立ち、仮歯を作成してから、根管治療を行い、治療期間中は仮歯をつけはずしして治療を進めますので、周りの方に、治療中も気づかれずに治療が進められます。

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

関連記事

  1. CT、CAD/CAM、レーザー等の最新歯科医療器材による根管…

  2. 京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療について

  3. 良い根管治療の必要な条件(かみ合わせ)

  4. CAD/CAMシステムによるデジタルデンティストリー (上顎…

  5. 良い根管治療の必要な条件(歯の土台)

  6. 歯を抜かないための根管治療について(通院回数と時間)

カテゴリー

PAGE TOP