痛みと腫れの最も少ないインプラント治療

日々進歩するインプラントの治療は今日、安全性、耐久性、審美性の要素を満たすことは当然の条件であり、より痛みと腫れがなく、なおかつ一日でも早く治療が終わることが必要条件になっています。
当院では、可能な限り、この条件を満たす治療を行っております。

一本抜歯と同時の4本のインプラント治療の直後
(手術時間10分 出血はほとんどなし)


手術翌日の状態
(腫れと痛みがまったくなく、痛み止めも服用せず)


2カ月後に治療が完了し、入れ歯は廃棄

さらに骨の状態がよければその日に入れ歯を廃棄し、固定式の歯を入れます。
このような、手術の負担が非常に少ない方法で、高齢者や、基礎疾患がある方の治療を安全かつ短時間で行うことができます。

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. インプラントの進化の流れ

  2. 1 臼歯部インプラント メタルとセラミックの上部構造

  3. 7欠損歯とインプラント概念 Eインプラント補綴(概念)ーイン…

  4. 審美インプラント治療

  5. 2 上顎 数本のインプラント

  6. 5可撤式補綴物 Cインプラント支持による義歯ーバーとクリップ…

カテゴリー

PAGE TOP