理想的な歯科定期健診とは

理想的な歯科定期健診とは、適切な、管理下(診断、チェック、アドバイス)のもとで行われるのが理想です。

そして、初診時の精密検診→適切な診断→適切な治療→術後のチェック→新たな虫歯と歯槽膿漏の予防と自己管理のアドバイスといった流れになります。

130827(13)

術前上顎(2本の要根管治療の9本の要虫歯治療)

130827(14)

術前下顎(7本の要虫歯治療)

130827(6)

術前のレントゲンチェック(全体のスクリーニング検査)

130827(7)

術前のレントゲンチェック(初期の虫歯、歯の根の病気、歯槽膿漏の検査)

130827(55)

術直後

130827(56)

術直後

130827(128)

術後10年目の定期検診時

130827(129)

術後10年目の定期検診時

関連記事

  1. 歯列不正が原因の虫歯

  2. ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲ…

  3. 歯と歯の間の虫歯

  4. 外科手術をしない、根管治療のみによる骨の再生と副鼻腔炎(蓄膿…

  5. 歯をなるべく削らない虫歯治療

  6. 抜かないといけない親知らずと抜かずに残す親知らず

カテゴリー

PAGE TOP