歯肉縁下歯石

歯肉縁下歯石は通常、歯ぐきの下にできる歯石で、見ただけではほとんど発見することができないため、ポケットクローブによる触診や、レントゲンによる発見が必要になります。

この歯肉縁下歯石は、まさしく、歯槽膿漏(歯周病)の特徴である、症状がないままに、歯を悪化させ、歯がグラグラになって抜けてしまうおおきな原因の一つになります。

140422(15)ー 140422(10)ー

縁下歯石ー

関連記事

  1. 妊娠中のお口の健康(歯科治療)について

  2. 矯正治療(歯列矯正)にともなう虫歯治療とは

  3. 根管治療の必要な歯とは

  4. 歯性上顎洞炎の治療とCTによる治療診断評価

  5. 歯をなるべく削らない虫歯治療

  6. デコボコの歯をなるべく早く目立たずに矯正する方法

カテゴリー

PAGE TOP