歯科用CTと医科用CTの違いについて

CTポスター  1

歯科用CTはCBCT(コーンビームCT)とも呼ばれ、約10秒ほどで撮影が完了し、座ったままでも撮影できるので非常に楽です。

それ以外に、歯科用CTと医科用CTの違いを比較すると

歯科用CTの長所と短所(メリットデメリット)を挙げると

長所

  • 被ばく量が少ない
  • 画質が鮮明である
  • 3次元処理によるデータの構築(ボリュームレンダリング)がスピーディーにできる、診断時間を短縮できる
  • 金属の反射(アーチファクト)の影響をうけにくい
  • 撮影の姿勢が座ったままでできるため、楽であり、心理的な不安感も軽減できる

短所

  • 撮影範囲が狭い(当クリニックの撮影範囲は154mm×82mmで、歯科・歯科口腔外科領域では十分以上 *一般的な歯科用CTは80mm×80mm)

スクリーンショット 2015-06-26 14.32.30

関連記事

  1. すきっぱの原因となる正中埋伏過剰歯について

  2. CTによる歯性上顎洞炎の鑑別診断

  3. 前歯のゆがみを治す矯正治療(歯列矯正)

  4. 最新のデジタルデンティストリーによる虫歯、嚙み合わせの、セラ…

  5. 顎のレントゲン

  6. 歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

カテゴリー

PAGE TOP