歯石とは

歯石とは、歯垢(プラーク)が石灰化したもので、歯垢中の糖タンパク複合体がカルシウムイオンと結合してできる。

歯石の無機成分は唾液や血清から由来し、その成分は、カルシウム、リン、二酸化炭素、マグネシウム、などからなります。

歯石は、歯には、エナメル質やセメント質に付着し、お口の中では、主に、唾液腺の開口部(唾の出る腺)の周辺の歯の表面に付着しやすい。

歯石が歯周病(歯槽膿漏)を引き起こすのではなく、歯石が、歯垢(プラーク)を付着させ、その細菌の塊であるプラークにより、歯周病(歯槽膿漏)が引き起こされます。

関連記事

  1. 乳歯の虫歯による不正咬合を予防する方法

  2. レントゲンによる検査について

  3. 歯科におけるレントゲン、CT検査のエックス線(放射線)の被ば…

  4. 歯を抜かずに歯槽膿漏(歯周病)を治療する方法とは

  5. 歯周病(歯槽膿漏)

  6. デンタルフロスの使い方

カテゴリー

PAGE TOP