歯列矯正治療による歯周病治療

051121(4).jpg

重度の歯槽膿漏のため、ほとんどの歯がぐらぐらして抜けそうな状態でした。

DSC_0374.JPG

矯正治療による全体のかみ合わせのバランスを回復することにより、ぐらぐらの歯が健康な歯のようにしっかりと動かなくなり、抜歯をせずに審美性と機能性を回復し、お口の健康を取り戻します。 矯正期間はわずか2ヶ月ほどです。

DSC_0282.JPG
全体的なお口の健康を取り戻し、若々しいお口になられました。

また、この治療では、親知らず以外、一本も抜歯をせず、すべての歯を残し、インプラントも一本もせずに治療しました。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. 歯石とは

  2. スマイルラインと歯の色を考慮したインプラント治療

  3. 歯列不正(不正咬合)の予測的判断と治療(虫歯予防、非抜歯矯正…

  4. インプラントの進化の流れ

  5. 部分歯列矯正、レーザー、歯を削らないセラミック治療による前歯…

  6. 歯を抜かずに歯槽膿漏(歯周病)を治療する方法とは

カテゴリー

PAGE TOP