歯を抜かずに歯槽膿漏(歯周病)を治療する方法とは

当クリニックでは、歯槽膿漏(歯周病)のひどいかたでも、歯を抜かずに残し、なおかつ、インプラントもせずに治療することも可能です。

術前

術後半年(歯を一本も抜かずに治療しました。親知らず以外)

術後2年

術後7年


歯の周りの骨が、安定しているだけでなく、再生して、増生してきている部分もみられます。

関連記事

  1. 歯ブラシの交換時期について

  2. 歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

  3. 抜歯、歯根手術などの外科治療を回避するための根管治療

  4. 歯石の沈着が及ぼす歯周病の進行と歯科医院での、PMTCによる…

  5. 歯槽膿漏(歯周病)の治療方法は?

  6. 歯槽膿漏の検査とは?

カテゴリー

PAGE TOP