歯の神経を抜かないための予防治療(中心結節の保護)

歯の先天的な奇形のために、歯の神経が虫歯や、歯槽膿漏でなくても抜かなければならない状態になることがあります。

このような状況をさけるためにも、きちんと定期健診を受け、歯科医師にチェックしてもらうとともに、適切な処置を受けることで、予防的に歯を守ることができます。


後続の永久歯に中心結節と呼ばれる歯の突起がみられ、歯の神経に近い突起になっているようにみられる。


完全に萌出して、噛んで折れてしまう前に、周りをプラスチックの樹脂などで保護することで、歯の神経の損傷をさけることができる場合があります。

関連記事

  1. 奥歯の歯が折れた(歯が割れた)時の治療

  2. ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲ…

  3. 歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

  4. 5 根管治療(メカニカル)ポストなしクラウンなしの歯の崩壊

  5. 歯と顎の発育のための食事のアドバイス

  6. 虫歯治療における本当の予防治療

カテゴリー

PAGE TOP