歯の神経の治療(根管治療)について

通常、歯の神経が死んだ状態、または、歯の先や、周りに、歯根嚢胞ができたものは、根管治療により、歯と、歯を支える歯周組織を正常な状態に回復し、歯を抜かずに残す保存治療です。

通常、この治療は、1回約1時間程度で、

1回目の歯の根とその周囲を清掃消毒する、根管治療

2回目の歯の根の中に、保存剤を入れる根充治療

3回目の歯の土台修復治療とクラウン作成の型どり

4回目のクラウンの被せ処置

で一旦治療を終え、その後、定期健診で、レントゲンやCTで治癒経過を確認し、治療の完治と完了を見届けます。

関連記事

  1. 根管治療による蓄膿(歯性上顎洞炎)の治療

  2. 7欠損歯とインプラント概念 Eインプラント補綴(概念)ー連結…

  3. 1 臼歯部インプラント メタルとセラミックの上部構造

  4. 7 破折歯の根管治療およびポストとクラウン

  5. 11歯内療法 H緊急歯内療法 緊急治療 抜髄法

  6. 歯磨き、ブラッシング方法の一つのバス法、横磨き法

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »