抜歯と同時のインプラントの必要性

当クリニックでは、重度の歯槽膿漏や虫歯などで、抜歯が必要なときに、ただ単に抜歯を受けるのではなく、最善の方法で痛みや出血をほとんどさせずすぐに失った歯よりもしっかりと噛める状態にすることができます。


重度の歯槽膿漏ですべて、ぐらぐらの状態でした


指で抜けるような抜歯でした


抜歯と同時にインプラントをいれました。わずか30分で処置が終わり、出血もほとんどありません


手術開始から、わずか1時間できちんと噛める仮歯がはいり、2カ月後には最終の歯が入り、治療が完了します

一般的な治療では、抜歯の2ヶ月後には、傷口が治る程度で、その後、インプラントや入れ歯治療にまた、数ヶ月以上かかりますが、当クリニックでは抜歯治療もインプラント治療も、このように、出血や腫れもほとんどなく、最短時間で治療が終了します。

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. 歯根破折している歯(ひびがいっている歯)を抜かずに治療する方…

  2. 歯を失った時のブリッジでした場合と、インプラントで治療した場…

  3. 審美歯科治療の種類とは

  4. 5可撤式補綴物 Cインプラント支持による義歯ーミニインプラン…

  5. 痛みと腫れの最も少ないインプラント治療

  6. 歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »