乳歯期の受け口(反対咬合)の治療装置

ukeguchi-01.jpg

お子様の「受け口」=反対咬合を治療する装置があります。この装置はフレンケルと呼ばれ、なるべく長い時間はめてもらうことによって治療期間が短縮されて効果も確実に上がります。そのため、お子様ご本人の協力も得られるよう、好きなキャラクターを聞いて、オリジナルに制作したものです。

ukeguchi-02.jpg

治療前のお口です。

ukeguchi-03.jpg

治療後のお口です。
簡単な装置で「受け口」=反対咬合を完治させることができました。小学生くらいの年齢ならば、早期に治療を行なうことで、お顔の形の発育も正しく矯正する効果があります。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. マウスピース矯正について(前歯のすきっぱ)

  2. 透明マウスピース矯正とは

  3. 虫歯、歯槽膿漏予防とクリーニング

  4. 八重歯はなぜ生えるのか?(八重歯はなぜできるのか?)

  5. 犬歯の低位置唇側転位(八重歯、乱杭歯)の生じ方

  6. かみ合わせの問題が引き起こす、歯の病気(根管治療、審美歯科)…

カテゴリー

PAGE TOP