マウスピース矯正の種類と方法

マウスピース矯正には様々な方法、メーカー、名称があり、それぞれ、特徴や違いもあります。

現在、マウスピース矯正では、日本では、インビザライン(invisalign)あたりが、名前の認知度が高いと思いますが、アメリカをはじめ海外では、様々な会社が、それぞれ独自のシステムを持って治療ができるようにしています。

基本的な治療の概念は変わりませんが、矯正治療の料金(矯正治療の費用)や、期間、治療を進めていく方法に違いがあります。

下の写真のように、矯正治療の検査、診断、治療計画が終わり、マウスピースによる治療が決まれば、歯列矯正治療開始から、歯列矯正治療終了までのマウスピースキットが届きます。

それを、ステップ順に、ソフト、ミデアムソフト、ハード、の順番で、マウスピースを交換しながら、矯正治療を進めていきます。

関連記事

  1. 歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正

  2. 歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

  3. 年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

  4. 1歯科衛生士1 矯正装置周囲のフロスの使い方

  5. 京都 北山吉川歯科クリニックの審美歯科について

  6. マウスピース矯正の種類と方法

カテゴリー

PAGE TOP