マウスピース矯正について(前歯のすきっぱ)

わずかな歯並びの調整は、ワイヤー装置などを使った矯正治療をしなくても、つけ外しの透明のマウスピースでするマウスピース矯正で矯正治療を行うことができます。

100424(10)

術前 (前歯の隙間 すきっ歯)

100424(11)

治療開始時(マウスピースが少し浮いて入らない感じで、その隙間のせいで、マウスピースが曇った状態になる)

一日10時間以上(おおよそ16時間程度の装着が理想) 食事の際は外し、それ以外の装着時はできれば噛みこみを繰り返してもらうと矯正治療の期間が早くなる)

100424(17)

治療開始2週間後(マウスピースがぴったりと入るようになったら、歯がきれいにそろってきたサインです。)

100424(18)

術後(前歯の隙間が閉じ、きれいな歯並びに)

関連記事

  1. 審美歯科と組み合わせて行う審美矯正

  2. 9審美的処置 H口腔全体の再構築ー咬耗ー不均一な摩耗

  3. 歯科用レーザー治療を併用、応用した根管治療

  4. 歯列不正の予防について(不正咬合の予防について)

  5. 14 即時埋入 即時負荷

  6. 15 All on four 下顎

カテゴリー

PAGE TOP