ブログ

ブログ一覧

歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正

131111(21)
131111(19)
131111(20)
131111(29)
131111(27)
131111(28)
131111(26)
131111(35)
131111(40)
131111(18)
131111(50)
131111(51)

歯並びは変えましたが、術後の口元は、術前と変化しないように治療しました。

前歯のゆがみを治す矯正治療(歯列矯正)

矯正治療をする際に、治療後の前歯や口元のバランスも考慮に入れて、矯正治療を診断、計画、治療しなければなりません。

110616(52)1
110616(53)1
110616(47)1
110616(48)1
110616(49)1
110616(41)1
110616(42)1
110616(44)1
110616(40)1

前歯の中心も、お顔の中心(鼻筋)と揃い、きれいな歯並びと口元になりました。

ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲンの違い)

ブリッジなどの治療ををする際に、その土台となる歯の状態がきちんとしているか調べてから治療することが、自分自身の歯を大切にしたり、治療した歯を長持ちさせたりするの必要なこととなります。

141209(44)

古いブリッジの治療のやりかえを希望され、治療をスタートすることになりましたが、このような、長いブリッジの治療などの場合、見た目がきれいになっても、その基礎となる土台の歯に問題がある場合、その問題をきちんと治してから、見た目を治さなければ、折角の治療がよい治療になりません。

141209(45)


パノラマレントゲンの像です。
印をつけた場所に、歯の根の病気(根管治療、歯の歯髄治療、歯の神経の治療が必要な病気)がみられます。

141209(46)


デンタルレントゲンの像です。

141209(43)
スクリーンショット 2015-01-16 19.01.031


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.02.051


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.16.341


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

スクリーンショット 2015-01-16 19.06.161


院内のCT撮影によるCT画像データを特殊なソフトで更に、パノミック画像処理したものです。(画像をクリックすると拡大できます)

このように、従来のレントゲン比べて、CT検査はより、鮮明で、的確に病状の読影、診断が可能で、より、きちんとした歯科治療には欠かせない検査の一つです。