インプラント治療の進歩によるメリット

最近では、インプラント治療のめまぐるしい進歩により、そのメリットからくる選択にも変化が現れています。

術前、古い義歯の不快感と、その使用により生じた維持歯のぐらつきによるダメージが原因の抜歯と、その隣在歯の虫歯の発生がみられました。
従来は当然のように抜歯をして、新たに入れ歯を入れて治療がされていましたが、最近では、その入れ歯に代わりインプラント治療がされるようになってきました。
さらに、最近ではより治療法が進み、抜歯をするときに、すぐにインプラント治療をし、抜歯の傷が治るころに、また、歯がもっどて来るということになってきました。

060501(6).jpg1.jpg

術前

DSC_0355.jpg1.jpg

術後

DSC_0117.jpg1.jpg

傷が治るとすぐにセラミックの歯をいれ、義歯は不要になります。

関連記事

  1. 5可撤式補綴物 Cインプラント支持による義歯ーバー、クリップ…

  2. 1 臼歯部インプラント メタルとセラミックの上部構造

  3. インプラント治療の変化

  4. 患者さんと歯科医にとっての良い治療とは

  5. 5可撤式補綴物 A標準的な義歯ー部分床義歯 下顎後方歯

  6. 根管治療と義歯(入れ歯)治療1

カテゴリー

PAGE TOP