インプラント治療による8020運動

8020運動という80歳で20本歯を残そうというスローガンがありますが、80歳で20本の歯があれば快適な日常生活を送るのにじゅうぶんだと考えられます。

(症例1)

80代女性の術後写真

術前写真

右上半分は歯がありませんでした。左下半分も同様に歯が残せません。

術前レントゲン

(症例2)

60代後半女性術後

重度の歯槽膿漏ですべての歯が指で抜けそうな状態で、上の歯は総入れ歯しか治療方法はありませんでした。

術後レントゲン 上の歯はすべてインプラントです。

(症例3)

87歳女性術後写真

術後レントゲン 

術前レントゲン(クリックして拡大できます)
上の歯はすべて、重度の歯槽膿漏かつ虫歯で、総入れ歯しか方法はありませんせした。

これらのように、インプラント治療を時には上手く選択することで、8020を達成することもできるようになってきました。

関連記事

  1. 18 ステージド 上顎全顎インプラント治療 ブリッジなし

  2. スマイルラインと歯の色を考慮したインプラント治療

  3. インプラントによる入れ歯(義歯)の回避

  4. インプラント、根管治療、親知らずの治療

  5. 入れ歯にならないようにするインプラントの治療

  6. インプラントの進化の流れ

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »