インプラントの進化の流れ

デンタルインプラントの治療は人類の第2の永久歯そして現在可能な最も確実な再生治療であり、そのインプラントの治療の歴史は50年以上前にさかのぼることができます。

デンタルインプラント(歯科インプラント)の治療は、組織学的にすでに解明がなされていて、チタンは他の金属と違い非常に身体親和性に優れており、今日では臨床治療において不可欠は治療法になっています。

また、この50年以上の間に、インプラントも第一世代、第二世代、第三世代、第四世代と進化してきています。

第一世代のインプラントはチタンが骨と結合し、固定することで、顎の骨に人工歯根(チタンのインプラント)をいれ、入れ歯を固定して、一度失った歯をもう一度取り戻し、よりしっかり噛める歯にすることを可能にしました。
第二世代のインプラントは、インプラントの手術や処置の術式がより容易になり、患者様の手術負担が減り、より臨床的に安全で身近な治療を可能にしました。
第三世代のインプラントは、安全で安定した治療として確立し、更に、審美性もほとんど天然の歯と見分けがつかないぐらいのクオリティーが満たされる治療を可能にしました。
第四世代のインプラントは、安全で安定し、審美性も高く、更に手術の負担が格段に少なくなり、また、歯を抜くと同時に歯を入れることが可能になりました。

2015-03-13 11.15.12
2015-03-13 11.14.20
2015-03-13 11.17.47
2015-03-13 11.17.52
2015-03-13 11.18.01
2015-03-13 11.18.11
2015-03-13 11.18.18
2015-03-13 11.18.26
2015-03-13 11.18.32

関連記事

  1. インプラントによる入れ歯(義歯)の回避

  2. デンタルドック(歯科検査)

  3. 16 All on 6 上顎

  4. 年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

  5. スマイルラインと歯の色を考慮したインプラント治療

  6. CTによる根管治療(歯の根、歯髄治療、歯内療法、歯の神経治療…

カテゴリー

PAGE TOP