インプラントによる口元の若返り

歯科インプラント治療は従来の入れ歯治療では出来ない、より自然に、より快適にお口の健康を取り戻すことのできる、最新歯科治療です。


術前レントゲン


上の歯の半分は失われており、残りの半分も重度の虫歯と歯槽膿漏で失われかけています。

入れ歯を入れることもできなくなっていました。

術前口元
かみ合わせも悪くなり、口元も悪くなっていました。

インプラント術後

術後


インプラントと仮歯によるかみ合わせの回復治療

術中口元
インプラントと仮歯によるかみ合わせの回復により、口元も回復し始めています。

この後は、一本づつの天然の歯と同じ状態にし、より自然に治療を完了します。

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. セラミッククラウンの再治療による審美歯科

  2. 奥歯の歯が折れた(歯が割れた)時の治療

  3. インプラント治療の変化

  4. 審美歯科治療とは

  5. 連結クラウン、ブリッジの脱落後の治療

  6. CTと最新コンピューター技術によるインプラント治療の際の骨密…

カテゴリー

PAGE TOP