インプラント、根管治療、親知らずの治療


左側がインプラントが痛くて、噛めないとのことで来院

左側は古いインプラントのせいで骨が溶けて、つながったいる歯も抜かなくてはいけない。


左側は失ってしまった3本分の奥歯を噛めるようにするために2本のインプラントいれた。
右側は歯の神経が腐って、歯根嚢胞の2本の歯と親知らずの3本の歯を抜かなくていいようにするため、1本のインプラントをいれ、

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. 14 即時埋入 即時負荷

  2. 5 1歯2本のインプラント

  3. インプラント治療による口臭予防

  4. 一口腔一単位の治療によるインプラントの必要性

  5. グラグラのブリッジの抜歯と同時のインプラントと仮歯

  6. 歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

カテゴリー

PAGE TOP