ブログ

ブログ一覧

交通事故の歯の治療

交通事故や、転倒、打撲などによる外傷により、前歯などを損傷(歯が折れたり、歯が割れたり)した場合、適切な治療により、元通りの天然の歯に近い状態に戻すことができます。

そのような、場合、まず、頭頸部以外に、様々な、事故による問題がないか、病院で総合的に、診断を受けなければいけませんが、歯科や、歯科口腔外科では、顎顔面および、口腔内外の診断と治療を行います。

まず、受傷直後に、CTやレントゲンで、打撲した部位とは別に、顎の骨折見られる、好発部位があり、そのような部位を中心に、骨折線がないか?また、口唇などの、裂傷部なども、異物の混入や、感染がないか?次に、受傷部の歯の歯冠部や歯根部、歯槽骨に破折がみられないか、歯の神経の損傷の影響や可能性がないか、などを調べ、止血や感染予防、早期の整復などを行わなければなりません。

小児の転倒や、打撲、衝突による、前歯の破折や、脱臼、亜脱臼などの多くみられますが、その際は、成人と同様の診断や治療のほかに、歯の脱臼や、脱落があっても、その歯を、なるべく無菌的(場合によっては、牛乳などに入れて持ってきてもらったり)に保存たり、あるいは、口腔内に一旦戻して、急いでかかりつけの歯科医師に相談してもらうことで、歯が元通りに、生着、可能性が高くなります。

また、成人も小児も、歯を元通りに回復するために必要な条件として、歯の神経の状態や、根管治療の成否が、歯の予後に大きくかかわります。

141003(15)

 

一部歯根部に及ぶ歯の歯冠の破折がみられます。

すでに、歯の神経がない歯と、歯の神経がある歯も受傷していました。

141003(26)

 

141003(50)

 

歯の神経がない歯も、根管治療が不完全であったため、根管治療の再治療をきちんと行い、また、歯の神経を抜いていない歯は、歯の神経を保護し、歯の神経を抜かなくて済むように治療しました。

141003(29)

 

まず、受傷直後の受診の際に必要な初期診断や、処置を行いながら、直ちに、日常生活に支障がないような、審美的な問題の解決も行わなければなりません。

141003(53)

 

根管治療後は、差し歯が黒ずんだりしないように、ファイバーポストによる審美的修復治療を行いました。

141003(70)

141206(5)

(画像をクリックで拡大)

 

金属を使わずに、差し歯の土台とオールセラミックスクラウンにより、審美的に回復しました。

また、歯の神経を抜かなくていいように、歯の神経の保護を図り、歯の神経を抜かずに保存することもできました。

歯の神経を抜かないための予防治療(中心結節の保護)

歯の先天的な奇形のために、歯の神経が虫歯や、歯槽膿漏でなくても抜かなければならない状態になることがあります。

このような状況をさけるためにも、きちんと定期健診を受け、歯科医師にチェックしてもらうとともに、適切な処置を受けることで、予防的に歯を守ることができます。


後続の永久歯に中心結節と呼ばれる歯の突起がみられ、歯の神経に近い突起になっているようにみられる。


完全に萌出して、噛んで折れてしまう前に、周りをプラスチックの樹脂などで保護することで、歯の神経の損傷をさけることができる場合があります。

抜かない親知らずの抜歯治療

 

160222(9)

右上(R側が右)の奥歯の痛みを感じて受診(定期検診)

160222(7)

親知らずの歯ぐきの腫れと、第二大臼歯の大きな虫歯

160222(8)

大きな虫歯の歯を治療せずに抜き、親知らずを抜かずにおいておくことで、親知らずが、新しい永久歯として生えてくるため、大きな虫歯の第二大臼歯を抜歯(このような治療はすべの場合に当てはまるも野ではなく、適切な診断が必要)

160222(10)

半年後の定期健診時のレントゲン

親知らずが、きれいに生え始めてきている

160222(6)

1年半後の定期健診時、完全にきれいな奥歯(第二大臼歯)として、生えそろった親知らず

 

160307(3)

同じく、左上の奥歯の痛みで来院

160307(4)

痛みの原因をきちんと判断し、同時に、将来的なことも考え、親知らずを抜かずに治療

 

160307(1)

定期年始時のレントゲン

抜かずにおいておいた親知らずが、新しい永久歯としてきれいに生えそろった

 

このような、親知らずの抜歯治療は、きちんとした検査と、術後のきちんとた定期検診が大切になります。

歯の神経を抜かない(根管治療をしない)ための虫歯治療


見た目にはわかりませんが、精密検査をして歯の神経を抜かなくていいように早期の治療が必要になっていました。

非常に大きな虫歯です。


慎重に虫歯を取り除きました。

歯の神経を傷つけないぎりぎりのところでとどめておきます。

歯の神経を保護し、歯の中から新生象牙質ができるのを待つため、特殊なお薬をつめます。

仮詰めで3か月以上待ちます。
歯の神経を抜かないための虫歯治療は非常にデリケートなので非常に時間がかかります。

6か月後再び虫歯治療をします。


仮詰めを取り除きます。

再度慎重に虫歯を取り除きます。


虫歯を完全に取り除いても、歯の神経を傷つけずに治療ができました。
さらに、念入りに歯の神経を保護し型どりをします。


セラミックスの詰めものを入れ、歯をきちんと修復しました。