CTによる根管治療の精密検査

最新の歯科治療では、CT検査の歯科への応用と、コンピューターの進化による、画像処理技術がにより、より、リアルに、より正確に様々な病気の早期発見に貢献することにより、早期治療による、歯とお口の健康管理に役立っています。

150122(2)

口腔内所見では異常が認められず、自覚症状もない。

150122(3)

レントゲンにより、4本すべてに根尖病変が認められる。

150122(4)

(画像をクリックで拡大)

レントゲン同様、大きな根尖病変はみられるが、それが、鮮明に確認でき、更に、レントゲンでは、上顎洞粘膜が炎症を起こしている場合、白く曇る程度で、読影がむずかしい粘膜等の軟組織の読影、診断が容易である点がCTが圧倒的に有効な診断検査であることがわかる。

上顎洞粘膜の炎症はみられないため、上顎洞炎(蓄膿症)の心配は、現在のところないことがわかる。

北山吉川歯科クリニックでは、最新のCT設備と、コンピューター診断設備により、その場で、正確な診断が可能です。

関連記事

  1. 歯列不正(不正咬合)の予測的判断と治療(虫歯予防、非抜歯矯正…

  2. CTによる歯性上顎洞炎の鑑別診断

  3. 咬合力検査

  4. 歯列不正の予防について(不正咬合の予防について)

  5. ドイツの歯科(インプラント治療)治療のメンテナンス

  6. 上顎洞に迷入したインプラントの摘出

カテゴリー

PAGE TOP