CAD/CAMシステムによるデジタルデンティストリー (上顎小臼歯のセラミッククラウンキャラクタライズ)

審美エリアのセラミッククラウン治療をCAD/CAMシステムを使い、さらにより天然歯に近い状態に仕上がるよう、ステイニングというテクニックでキャラクタライズ(個性的仕上げ)して治療しています。

またセラミックの素材は、e-maxと呼ばれる強度があり審美性の高い二ケイ酸リチウムガラスセラミックスで作成しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_13.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020810.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020811.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020812.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020813.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_53.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020814.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020815.jpg

関連記事

  1. 歯を抜かないための根管治療について(通院回数と時間)

  2. 3 1本の臼歯インプラント 咬合面ネジ留め

  3. 5 オベイトポンティックにポーセレンの羽根を付けた接着ブリッ…

  4. 1 コンポジット充填 小

  5. 根管治療(歯の根っこの再治療)

  6. 透明マウスピース矯正とは

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »