CAD/CAMシステムによるデジタルデンティストリー (上顎小臼歯のセラミッククラウンキャラクタライズ)

審美エリアのセラミッククラウン治療をCAD/CAMシステムを使い、さらにより天然歯に近い状態に仕上がるよう、ステイニングというテクニックでキャラクタライズ(個性的仕上げ)して治療しています。

またセラミックの素材は、e-maxと呼ばれる強度があり審美性の高い二ケイ酸リチウムガラスセラミックスで作成しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_13.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020810.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020811.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020812.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020813.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_53.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020814.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020815.jpg

関連記事

  1. エナメルシェーピングによる審美歯科治療とは?

  2. 患者さんと歯科医にとっての良い治療とは

  3. インプラント治療を併用した歯を抜かない治療

  4. かみ合わせの問題が引き起こす、歯の病気(根管治療、審美歯科)…

  5. 4 リッジラップ型ポンティックにメタルの羽根を付けた接着ブリ…

  6. インプラント治療を併用した歯を抜かない治療

カテゴリー

PAGE TOP