CAD/CAMシステムによるデジタルデンティストリー (上顎小臼歯のセラミッククラウンキャラクタライズ)

審美エリアのセラミッククラウン治療をCAD/CAMシステムを使い、さらにより天然歯に近い状態に仕上がるよう、ステイニングというテクニックでキャラクタライズ(個性的仕上げ)して治療しています。

またセラミックの素材は、e-maxと呼ばれる強度があり審美性の高い二ケイ酸リチウムガラスセラミックスで作成しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_13.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020810.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020811.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020812.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020813.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: inLab-2021_02_20-15_02_53.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020814.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21020815.jpg

関連記事

  1. 6 前歯インプラント 舌側ネジ留め

  2. 9審美的処置 H口腔全体の再構築ー咬耗ー均一な摩耗

  3. 9審美的処置 Bポーセレンベニヤーベニア修復と矯正治療

  4. 審美歯科

  5. 歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)

  6. 1 臼歯部インプラント メタルとセラミックの上部構造

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »