患者さんと歯科医にとっての良い治療とは

患者さん、歯科医にとって良い治療とは、ともに、歯をなるべく抜かずに残す、歯の神経を抜かない、歯を削らないなど、の表現がありますが、基本的には、お口の健康が保たれ、いくつになってもおいしく食事ができ、健康的に若々しい口元が保てることが理想的ではないかと思います。

そのような観点から、当クリニックでは、きちんとした検査と、診断を行ってから、治療を進めていくことが患者さんのお口の健康のためによい方法だと考えています。


歯がないところに、インプラントの治療を希望されて、来院された患者さんの口腔内。

奥歯に歯がなく噛むことができませんが、歯科医はきちんとした検査と診断を行い、患者さんにとって最善の方法を考えていくことが良い治療になるのではと考えます。

検査、診断の結果から、患者さんの年齢、お口全体健康のバランス、費用の負担などを考え、インプラントの費用を、残っている歯を健康に保つことに先に回すことがより良いのではないかとの意見にご理解をいただきまずは、残っている歯に対する治療のほうの重要性、必要性をりかいしていただきました。

この状態の方の現在のの患者さんの問題点、

歯がないところが噛めない

専門家が考える問題点と解決法

将来起こり得る問題点、上の歯が下に飛び出てくる
これは、歯を虫歯治療の後に固定することで問題が解決できる

インプラントを入れても、それとかみ合う上の歯がまた、はずれてインプラントが必要になるとおもわれる、早めに治療すれば歯を抜かずに残せる。
反対側も自覚症状のないひどい虫歯になっていて、インプラントを入れてもすぐにまた、こちらもインプラントが必要になってくる。


診断通り外すとボロボロの状態になっていました。これではインプラントの歯がはいった後にかみ合うこの歯が噛めない歯になります。

歯を残すために丁寧に再治療していく。


反対側も中で歯が腐っていました。


インプラント2本の治療費を先にの乗っている歯に回すことが、専門的には良い治療だとおもえます。(インプラント2本と8本の天然の歯を治すのはほぼ同じ費用)


全体的に健康を回復したお口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です