麻酔後の咬傷について

小児歯科において、麻酔を使った虫歯治療などの後に、その違和感からかみしめて、唇を傷づけて、後で腫れたり、潰瘍ができたりすることが多くありますので、術後は、保護者が、その点をきおつけて教えてあげてください。

関連記事

  1. 年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

  2. 乳歯期の受け口(反対咬合)の治療装置

  3. 歯科の麻酔について

  4. 歯列不正の予防について(不正咬合の予防について)

  5. 八重歯はなぜ生えるのか?(八重歯はなぜできるのか?)

  6. 小児の床矯正について(可撤式急速拡大装置)

カテゴリー

PAGE TOP