頭のレントゲン

歯科の日常臨床で用いられる頭のレントゲンとよばれるものは、一般的には、頭部エックス線規格写真(日常臨床では、セファロレントゲンと呼ばれる)がそれにあたり、矯正治療の診査、診断、経過観察の際に用いられることが多い。その中でも、側方位から撮影される(側面撮影法)のものと、前後方向位から撮影される(正面撮影法)があり、側方から撮影されるものが用いられることが多い、

31221(50)

側方位から撮影される(側面撮影法)レントゲン

31221(49)

前後方向位から撮影される(正面撮影法)レントゲン

sefa3

セファロのコンピューター計測

sefa12

セファロと顔貌のコンピューターによる合成計測

141021(17)

術前の状態

141021(16)

コンピューター診断にもとずく治療後(歯列矯正治療)の状態

術前の正確な検査、診断がきちんとした治療に結びつく

関連記事

  1. 虫歯が何本あるか?

  2. インプラントと審美歯科治療

  3. 骨密度

  4. CTによる歯性上顎洞炎の鑑別診断

  5. 「一口腔・一単位」治療の実際

  6. 歯の根の病気(根尖性歯周組織疾患)の原因歯の特定検査

カテゴリー

PAGE TOP