歯列不正の予防について(不正咬合の予防について)

120207(207)

30代男性

130914(71)

20歳女性

130914(70)

17歳女性

140214(13)

40代女性

141227(9)

50代女性

上記の写真はそれぞれ別の患者様の歯列です。

なぜ、全く同じパターンで不正咬合(歯列不正)が生じるかは、歯の生え変わりのタイミングと、顎の発育のタイミングは基本的な年齢との基準があり、その時に、同じような原因で、同じように不正咬合(歯列不正)が生じます。

つまり、その不正咬合(歯列不正)が生じる、歯の生え変わりのタイミングと、顎の発育のタイミングにはパターンがあり、そのタイミングの前に予防的な処置、治療をすれば、不正咬合(歯列不正)を予防的に治療できます。

このタイミングは、適切な検査と専門的な知識に基づいて判断しなければならないため、歯科医院に、定期的にかかりつけることが勧められます。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. 矯正治療を受ける際の虫歯治療とは

  2. ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲ…

  3. 歯磨き、ブラッシング方法の一つのバス法、横磨き法

  4. 3 前装金冠

  5. 虫歯や歯槽膿漏のリスク

  6. 歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »