歯の神経を抜かないための予防治療(中心結節の保護)

歯の先天的な奇形のために、歯の神経が虫歯や、歯槽膿漏でなくても抜かなければならない状態になることがあります。

このような状況をさけるためにも、きちんと定期健診を受け、歯科医師にチェックしてもらうとともに、適切な処置を受けることで、予防的に歯を守ることができます。


後続の永久歯に中心結節と呼ばれる歯の突起がみられ、歯の神経に近い突起になっているようにみられる。


完全に萌出して、噛んで折れてしまう前に、周りをプラスチックの樹脂などで保護することで、歯の神経の損傷をさけることができる場合があります。

 

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

関連記事

  1. 審美歯科と組み合わせて行う審美矯正

  2. 顎関節症(咬み合わせ、噛み合わせ、かみ合わせの問題)について…

  3. お口全体から考えた破折歯の抜歯と部分治療(部分矯正)

  4. 犬歯の低位置唇側転位(八重歯、乱杭歯)の生じ方

  5. 上顎洞炎(蓄膿症)のレントゲン

  6. 矯正治療と虫歯の審美歯科治療

カテゴリー

PAGE TOP