歯の構造について

The Journal of the american dental a 71

歯はエナメル質、象牙質、セメント質、の3つの硬い組織からできており、その中を歯髄と呼ばれる歯の神経、血管、リンパ管などが通り、歯に栄養を与える役目をしています。

その歯の周りには、歯肉(歯ぐき)が、歯を支える歯槽骨(顎の骨)を覆い、歯の根と歯槽骨の間に、歯根膜と呼ばれる、歯のかみ合わせの、クッションや感覚組織の役目をする繊維でつながれています。

関連記事

  1. 歯石とは

  2. 虫歯と歯槽膿漏の予防の心がけ

  3. 乳歯と永久歯について

  4. 歯垢染め出し液とは

  5. 歯は骨か

  6. 歯科におけるレントゲン、CT検査のエックス線(放射線)の被ば…

カテゴリー

PAGE TOP