根管治療による歯根嚢胞の治療と歯を抜かない歯の保存治療

150205(3)

かなり進行した歯根嚢胞は、通常l、歯を抜かずに治療したり、外科的な摘出術をせずに治療することはできません。

しかし、北山吉川歯科クリニックでは、なるべく歯を抜きたくない、手術を受けたくないなどの希望をされる患者様にこそ、当クリニックで行う根管治療で、そのような状態の歯を治療できる場合があります。

150205(4)

歯の大きさよりも大きな病巣に増大、進行していましたが、患者様の希望により、歯を抜かずに、手術もせずに、根管治療のみで治療を行いました。

150205(1)

術後3年目のチェック

まだ、完全に完治してはいませんが、ほぼ消失、治癒に向かっています。

このような、難治性の根尖病変は、きちんとした、根管治療を受けるだけでなく、定期検診でチェックを受けることも、治療として重要なことになります。

関連記事

  1. セラミッククラウンの再治療による審美歯科

  2. お口全体から考えた破折歯の抜歯と部分治療(部分矯正)

  3. 上顎洞炎(蓄膿症)のレントゲン

  4. 歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

  5. より高度なインプラント治療

  6. 虫歯治療によるかみ合わせの改善

カテゴリー

PAGE TOP