抜歯と同時のインプラント

以前は抜歯(永久歯の喪失)→入れ歯という治療になりましたが、現在では、抜歯(永久歯の喪失)→第二の永久歯の萌出という流れがよくあります。
抜歯と同時にすぐにインプラントをしておくことで、傷が治るころにはすぐにまた歯がもどってくるようになり、処置も一回で済むようになってきていることから、抜歯が必要なときは、その処置の方法や、診断にも変化が現れてきています。

DSC_0033.jpg-.jpg

抜歯後数ヶ月後(この時、もうインプラントの手術は必要ありません)。

DSC_0150.jpg-.jpg

インプラントは抜歯の傷が治ると同時に完了しています。ここにセラミックスの歯で回復します。

DSC_0151.jpg-.jpg

手術の必要性や治療期間のロスなく、歯が回復できます。

関連記事

  1. 歯の治療の寿命について

  2. 審美インプラント2

  3. 抜歯、歯根手術などの外科治療を回避するための根管治療

  4. 歯科用レーザーについて

  5. インプラントによる口元の若返り

  6. 13 4歯の人工乳頭成長

カテゴリー

PAGE TOP