審美インプラント2

インプラント治療は入れ歯治療に代わる咀嚼回復の治療から、審美的要件も満たす治療が可能になってきています。

DSC_0052.JPG

術前

奥歯がすでになく、前歯がすり減ってきています。

DSC_0025.JPG

 

術後

奥歯のインプラントが入り、お口全体のかみ合わせが回復し、すり減った下の前歯も噛み合わせの回復と、高度の咬耗症による歯の神経の損傷を予防することができました。

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. 7欠損歯とインプラント概念 B力の分配と咬合ーインプラントと…

  2. インプラント治療による口臭予防

  3. 16 All on 6 上顎

  4. 歯科用レーザーについて

  5. 11 術者可撤式下顎5本のインプラントアンカーブリッジ

  6. 7欠損歯とインプラント概念 B力の分配と咬合ー力の分配 イン…

カテゴリー

PAGE TOP