古くなった治療のやりかえ

痛みや違和感がなくても、歯を失わないために全体的なやりかえが歯を失わないようにするために必要になることが多くあります。

術前写真

術後写真

見た目はあまり変わっていないように見えますが、治療をしなければ、5年以内に3本、10年ほどで、7本の歯が抜歯が必要になったり、部分入れ歯になる状態を回避して、今ある御自身の歯をすべて残して、歯を一本も抜かずに治療することができました。

適切な時期に、きちんとした検査、診断、治療を行うことは、年を重ねていくことに反して、歯を若返らせることができます。

関連記事

  1. ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲ…

  2. インプラントと審美歯科治療

  3. 審美歯科と組み合わせて行う審美矯正

  4. 歯根破折の歯の治療(歯の根が割れた歯の治療ー即日インプラント…

  5. セラミッククラウンの再治療による審美歯科

  6. インプラントの術前・術後3

カテゴリー

PAGE TOP