上顎洞底の吸収と骨移植術ー抜歯後の上顎洞底の吸収

歯を抜歯した後、上顎の奥歯の部分は、噛むことの刺激がなくなることで、骨の萎縮と吸収が起き、内側からも、副鼻腔からの圧力で、骨が薄くなりやすい傾向があります。 そのため、歯周病による骨の喪失に気を付けることはもちろん、インプラントや、ブリッジ、義歯などで、噛む刺激を維持することが大切です。

関連記事

  1. インプラントと審美歯科治療

  2. 歯科におけるレントゲン、CT検査のエックス線(放射線)の被ば…

  3. 叢生の原因になっている智歯(親しらず)

  4. 根管治療による蓄膿(歯性上顎洞炎)の治療

  5. 歯の生え変わりの異常について

  6. 5可撤式補綴物 A標準的な義歯ー上顎の全部床義歯

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »