マウスピース矯正について

近年、矯正治療において注目を集めているのが、透明のマウスピースを使ったマウスピース矯正とよばれるものです。

この矯正治療は、すでに、患者様にも口コミで広がってきていますが、従来のワイヤーによる矯正の欠点、デメリットである、矯正装置が目立つ、また、裏側からの見えない矯正(舌側矯正)であっても、つけ外しができない、といった矯正期間中の問題を考慮(気に)せずに、始められる矯正治療(歯列矯正)です。

特に、近年、光学スキャナーによる3Dスキャンニング、CADによる3Dデザイン、3Dプリンターによる立体模型(立体造形)の精密作成には目覚ましい進歩があり、更に、その最先端技術がいち早く歯科医療の分野にも取り入れられ、患者様の治療の質の向上lに大きく貢献しています。

また、従来治療の適応症でなかったケース(歯列不正)にも、適応範囲が日々広がってきており、治療期間、治療料金(費用)の面でも、ワイヤー矯正と比較検討する治療法と言えます。

当クリニックでは、以前より、透明のマウスピースによる矯正を行っておりましたが、その一つとして、米国アライン・テクノロジー社のマウスピース矯正治療 invisalign(インビザライン)の治療を取り入れております。

このマウスピース矯正は、従来方法と違い、最新のコンピューティング技術を取り入れて、システマティックに治療ができるシステムです。

logo_tagline_color_cmyk_large

invisalign1

このような画面で精密に治療計画を行います。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

インビザラインについての動画はこちらを

関連記事

  1. 2 リッジラップ型ポンティックにポーセレンの羽根を付けた接着…

  2. エナメルシェーピングによる審美歯科治療とは?

  3. 歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)

  4. ドイツの歯科(インプラント治療)治療のメンテナンス

  5. 3 前装金冠

  6. 15 All on four 下顎

カテゴリー

PAGE TOP