インプラント治療を併用した歯を抜かない治療

自覚症状がなくてもボロボロになった歯を一本でも抜かないための治療を行いたいという歯科医側の希望と、一本でも自分の歯を残したいという患者様の希望を合致させることができる治療が、インプラント治療を用いた一口腔一単位の治療の利点です。

130823(186)
130823(158)
130823(157)
130907(106)
130907(105)
130907(104)
130823(222)
130823(224)
130823(230)
130823(233)
130823(292)
130823(236)
130823(238)
130823(294)
130823(235)
130823(300)
130823(306)
130823(241)
130823(242)
130823(303)
130823(307)
130823(304)
130823(305)
130823(159)
130823(262)
130823(220)
130823(295)

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

関連記事

  1. インプラント治療と歯の神経の治療(根管治療)

  2. グラグラのブリッジの抜歯と同時のインプラントと仮歯

  3. 歯石の沈着が及ぼす歯周病の進行と歯科医院での、PMTCによる…

  4. 小児の埋伏正中歯の治療について

  5. CTとレントゲン画像の比較1

  6. 歯のレントゲン

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »