インプラント治療を併用した歯を抜かない治療

自覚症状がなくてもボロボロになった歯を一本でも抜かないための治療を行いたいという歯科医側の希望と、一本でも自分の歯を残したいという患者様の希望を合致させることができる治療が、インプラント治療を用いた一口腔一単位の治療の利点です。

130823(186)

130823(158)

130823(157)

130907(106)

130907(105) 130907(104)

130823(222)130823(224)130823(230)130823(233)130823(292)

130823(236) 130823(238)130823(294)

130823(235)130823(300)130823(306)

130823(241)130823(242)130823(303)130823(307)

130823(304) 130823(305)

130823(159) 130823(262)

130823(220) 130823(295)

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

関連記事

  1. デジタルデンティストリーとは

  2. 5 ポーセレンジャケットクラウン

  3. ドイツの歯科(インプラント治療)治療のメンテナンス

  4. 歯の色の選択(選び方)について

  5. 前歯のきれいな見せ方

  6. 9審美的処置 Bポーセレンベニヤーベニア修復と矯正治療

カテゴリー

PAGE TOP