インプラントによる入れ歯(義歯)の回避

失われた歯の欠損部分を回復するのにインプラントが選択されてきていることは最近の歯科治療の流れだといえますが、インプラントの治療を受けるタイミングや時期に関しては、歯を失ってからだけではなく、失う前に選択される治療にも変化してきています。
以前では、入れ歯になるのが時間も問題であったような状態でも、十分に回避することもできるようになってきました。


術前の口元


術前の口腔内


術前の上の歯


術前の下の歯


術後の口腔内

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. 歯科用レーザーについて

  2. 歯を抜けたままにしておいたときの歯の移動

  3. 5可撤式補綴物 Bインプラント支台義歯ー2本の下顎インプラン…

  4. 審美歯科治療とは

  5. 抜歯と同時のインプラント治療のメリット

  6. 歯のホワイトニングの種類について(歯肉ホワイトニングと歯のホ…

カテゴリー

PAGE TOP