インプラントと義歯(入れ歯)の差とは

070306(117)

義歯(入れ歯)を入れていない状態

070306(118)

義歯(入れ歯)を入れてた状態

070306(119)

  インプラントで治療した状態(術後)   インプランントと義歯(入れ歯)の差とは、インプラントは天然の歯と同じような見た目で、天然の歯と同じように噛め、お手入れも、歯磨きやフロスをしてもらうだけです。一方入れ歯(義歯)は、見た目は部分入れ歯の場合は、義歯を安定させるためにかける歯に、金属の留め金が見えたり、総入れ歯の場合、入れ歯であることが少しわかる場合があります。また、食事の際には、天然の歯と比べ若干の制限があり、また、食事の後に、入れ歯にかかっているお口の歯をきれいにして、入れ歯もきれいにしてからお口に戻さなければなりません。

関連記事

  1. ブリッジのやり変えのためのインプラント

  2. 良いインプラントの治療を受けるには

  3. 歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

  4. 奥歯の歯が折れた(歯が割れた)時の治療

  5. より高度なインプラント治療

  6. グラグラのブリッジの抜歯と同時のインプラントと仮歯

カテゴリー

PAGE TOP