かみ合わせ検査

DSC_0178-thumbnail2 DSC_0199-thumbnail2 DSC_0175-thumbnail2
かみ合わせ検査は、歯と顎の模型分析をフェイスボートランスファーと呼ばれる患者様のかみ合わせの状態を咬合器(かみ合わせを調べる機械)で静的動的の両方で再現し評価診断することで、歯と顎の模型分析を使って、現在の状態をよりリアルに分析、診断、評価するのに役立ちます。

041118(65)

実際のお口の状態

咬み合わせ模型による動的観察

041118(102)

正面

図11

下方からの正面の噛み合わせ(前歯がかみ合わない)

041118(116)

下顎の前方運動時の噛み合わせ

041118(112)

下顎の右側方運動時の噛み合わせ

041118(113)

下顎の左側方運動時の噛み合わせ

041118(114)

下顎の左側方運動時の噛み合わせ

前歯衝突状態(普段かみ合っていない前歯が欠ける原因が観察できる)

041118(73)

矯正治療による咬み合わせの治療時

041118(95)

術後(正面からの審美的改善)

041118(96)

術後(下方から、咬み合わせの改善も良好)

関連記事

  1. 患者さんと歯科医にとっての良い治療とは

  2. 歯のない部分にその日に歯が入るインプラントの治療

  3. インプラント、天然歯、歯の根の病気の診断と治療方法

  4. 歯科におけるレントゲン、CT検査のエックス線(放射線)の被ば…

  5. ブリッジ、差し歯の治療前の土台の検査の大切さ(CTとレントゲ…

  6. 歯のレントゲン

カテゴリー

PAGE TOP